セルフ・ディフェンス

セルフディフェンス

ピッキング対策が叫ばれている一方で、犯罪手口はすでに新しい方向へ向かっています。今後の防犯対策のポイントとして気をつけなければいけないのが、「カム送り(バイパス解錠)」「サムターン回し」などの新しい手口です。このような手口については「犯罪の手口」「用語解説」をご参照ください。
また、対策としては下記の方法が有効です。

「カム送り解錠(バイパス解錠)」への対策

「カム送り解錠(バイパス解錠)」が可能な錠として、警察庁から発表された錠前本体に対策部品を取り付けるか、カム送り解錠対策がされているシリンダーに交換するのが有効です。市販の対策用スペーサーは、根本的な対策にならないので気をつけてください。

「サムターン回し」への対策

マスコミなどで、ペットボトルを利用したサムターンの保護が紹介されましたが、これはあくまでも応急的な対処方法であり、お勧めはできません。サムターンをガードするための専用のカバーや、空転するように設計された取替え用のサムターンに交換しましょう。ただし、取替え用のサムターンは、交換できないモノもありますのでご確認ください。また、サムターン回し対策を講じていることを外部からわかるようにしておくのもポイントです。そうでないと、ドアに穴を開けられてしまいます。

現時点でもっとも推奨できる防犯対策

様々な手口に対する有効な対策は、侵入者に時間をかけさせるという事です。時間が掛かれば、侵入をあきらめるのも犯罪者の心理であり、その対策法としては、一つのドアに対して、2つ以上のカギを取り付ける、ワンドア・ツーロックです。補助錠の取り付けは、素人では難しいので、信頼と実績のある専門家にご依頼ください。